背中のお肉で見た目年齢が上がるって本当?

 

 

後ろ姿で年齢が分かると言われていますが、後ろ姿が非常に若々しい方もいます。
それらの方に共通して言える点として姿勢の良さが挙げられます。
良い姿勢を保つと背中に余計な贅肉がつかないため、若い頃と同じようなすっきりしたラインを保つことができ、そのため見た目年齢を下げることが可能になります。
また姿勢が悪いことにより肩甲骨まわりのコリの原因にもなります。
このような結果にならないためにも、正しい姿勢を保ち無駄なお肉がつかないように生活習慣を変えていく必要があります。
自分の姿勢がどのくらい悪いかを確認する方法として壁を使う簡単なやり方があります。
まず壁にかかとと頭をしっかりとくっつけ、まっすぐに立ちます。その壁に沿うように肩をぴったりつけるようにします。その姿勢が本来の正しい姿勢になります。その姿勢をキープし続けることが大切になります。
一日に何度かこの方法で姿勢をチェックすることで、正しい姿勢を体に覚えさせることができます。
また、椅子に座る際には深く腰掛けずに浅く腰掛けることで、良い姿勢になることを促すことができます。
このように姿勢を意識をすることがとても大切です。
見た目年齢を上げないためにも、しっかりとケアしていきたいものです。