毎日ハイヒールの人も要注意

 

 

ハイヒールというのは立つにしても歩くにしても決してバランスのしっかりした靴とはいえません。そのため、長時間履いていると膝や腰など体を支える筋肉に疲労が慢性的に蓄積し、正しい姿勢で立ってることがつらくなります。
膝を曲げがちにして歩いたり、腰を曲げていると、筋肉への負荷も不均一になります。頻繁に動く筋肉とほとんど動かさない筋肉ができてしまい、これが骨盤の歪みを誘発します。
骨盤の歪みはほとんどの場合、前傾するか、逆に後ろに傾くかのどちらかの症状で現れます。骨盤が後ろに傾いている場合は、その状態でバランスを保とうとすると、体はどうしても猫背気味になります。

 
ためしに猫背になってみると分かりますが、猫背になると背筋はほとんど力が入っていません。正しい姿勢でいるときに比べて負荷が減少してしまうため、筋肉はだんだん衰えてしまいます。
血液、栄養分や老廃物、水分などは筋肉に張りめぐらされた血管を通って運ばれますが、その運び手である筋肉が衰えることは、その部位の代謝が衰えることです。そうなるとエネルギーの消費も低下しますから、他の部位よりもどうしても脂肪がつきやすくなってしまうのです。
また、血流が低下したり、老廃物が慢性的にとどこおると筋肉は冷えて柔軟性を失います。筋肉が固くなることでますます骨盤の歪みが矯正されづらくなるという面もあります。
猫背になっている方は老廃物や脂肪がたまっている可能性がありますから、骨盤の状態を見直してみるとよいかもしれません。